「Javaの鉱脈」でDagger2の記事を書きました

WEB+DB PRESSのVol.91で、DIコンテナの記事を書いたので是非読んでくださし。

2016/2/24発売ですので、既に購入頂いてる方も多いと思います。

電子書籍版もありますので物理的な媒体に興味がない方はPDFを買って下さい。

今回の記事における対象読者について

今回の記事は軽量に動作するDIコンテナを探している皆様に読んで頂きたいと考えています。
特に、Androidアプリケーションを開発する際にDIコンテナを利用していないなら、是非Dagger2を導入して欲しいと考えています。

加えて、マイクロサービスがどうとかいう話で世間は盛り上がっておりますけども、高機能であるが故にブートストラップコストのアホ程高いSpring Bootを使っている皆様におかれましては、極めて低コストに起動できるDagger2を試して欲しいという気持ちでイッパイです。

記事の内容について

DIコンテナとは何かみたいな所から丁寧に説明しています。

サーバーサイドのJavaにおいてDIコンテナを全く使わない等という事は考えられないように思いますけども、Android方面ではそうではないのかな…と考えています。

加えて、Annotation Processorというマイナーテクノロジー上に構築されたフレームワークの類をみんなに使って欲しい気持ちもあります。
尚、Domaは、僕が知る限りJavaにおける最高のRDBアクセスフレームワークです、はい。

DIコンテナは、分かり辛いけども、マジスーパー便利ツールなので知らなかったのなら、是非是非使って頂きたい。

最後に

二年近くやったこの「Javaの鉱脈」も最後となります。
今まで読んで頂いた皆様、本当にありがとうございました。

編集者と相談しながら僕なりの観点でマイナーだけど価値のあるJavaプロダクトを紹介してきました。
価値がより限定的であるとか、僕の趣味に偏っているとか、そういうものを除くと殆ど全部ネタを吐き出してしまったので、ここからは充電期間に入ります。