KotlinにおけるSAMタイプの話

手元にあるJavaのフレームワークをせっせとKotlinに置き換えているのだけども、やはり釈然としないことは色々と出てくる。 本日の話は、JavaとKotlinの間で確保されているというInteroperabilityについて。 尚、記事中で使っているKotlinのコンパイラは1.0.0。 これらの問題は将来的には改善されるかもしれない。 interface定義 こういうJavaのinterfaceを定義する。 package aaa; public interface JavaSAM { String doIt(int i, String s); static void call(JavaSAM »

「Javaの鉱脈」でDagger2の記事を書きました

WEB+DB PRESSのVol.91で、DIコンテナの記事を書いたので是非読んでくださし。 2016/2/24発売ですので、既に購入頂いてる方も多いと思います。 電子書籍版もありますので物理的な媒体に興味がない方はPDFを買って下さい。 https://gihyo.jp/dp/ebook/2016/978-4-7741-7974-2 今回の記事における対象読者について 今回の記事は軽量に動作するDIコンテナを探している皆様に読んで頂きたいと考えています。 特に、Androidアプリケーションを開発する際にDIコンテナを利用していないなら、是非Dagger2を導入して欲しいと考えています。 加えて、マイクロサービスがどうとかいう話で世間は盛り上がっておりますけども、高機能であるが故にブートストラップコストのアホ程高いSpring Bootを使っている皆様におかれましては、 »

「Javaの鉱脈」でPITの記事を書きました

WEB+DB PRESSのVol.90で、ミューテーションテストの記事を書いたので是非読んでくださし。 2015/12/23発売ですので、既に購入頂いてる方も多いと思います。 今回は、gitの記事とドラクエの記事がスゲェ面白いのでメガッサオススメです。 電子書籍版もありますので物理的な媒体に興味がない方はPDFを買って下さい。 https://gihyo.jp/dp/ebook/2015/978-4-7741-7855-4 今回の記事における対象読者について 今回の記事はJUnitによるユニットテストは書いていて、MavenなりGradleなりでコードカバレージをCIサーバで取るくらいのことはしているという皆様に読んで頂きたいと考えています。 記事の内容について 中身はどうあれJUnit使ったユニットテストを書くというのは、みなさんやってると思うんですよね。 アサーション全くしてねぇとか、 »

CircleCIのDocker上でJavaを使ってビルドしようとして諦めた話

前回のエントリではCircleCI上でDockerを使ってビルドする方法については敢えて触れませんでした。 今回は、CircleCI上で任意のバージョンのJVMを使ってビルドする為にDockerコンテナを使ってみます。 試行錯誤した結果のcircle.ymlはこちらになります。参考にしたい方はどうぞ。 machine: timezone: Asia/Tokyo environment: GRADLE_OPTS: -Xmx4G -Dorg.gradle.daemon=true -XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError services: - docker post: - sudo »

Circle CIでJavaを使ってビルドする

ここ何日かCircle CIを使ってみて何となく分かってきた事をまとめておきます。 完成したcircle.ymlだけ欲しい方はこちらをどうぞ。 checkout: post: - chmod +x ./gradlew machine: timezone: Asia/Tokyo environment: GRADLE_OPTS: -Xmx4G -Dorg.gradle.daemon=true JAVA_HOME: /usr/lib/ »