KotlinにおけるSAMタイプの話

手元にあるJavaのフレームワークをせっせとKotlinに置き換えているのだけども、やはり釈然としないことは色々と出てくる。本日の話は、JavaとKotlinの間で確保されているというInteroperabilityについて。尚、記事中で使っているKotlinのコンパイラは1.0.0。これらの問題は将来的には改善されるかもしれない。interface定義こういうJavaのinterfaceを定義する。package aaa; publi

>>...

Kotlinに対する雑感

1.0.0がリリースされました。やりましたね。僕の観測範囲内に見えることが増えてきたので、興味本位で少しずつ触っています。まず、ブラウザだけで試せるチュートリアルが大変素晴らしいので、Kotlinが肌に合うかどうか確認するといいですよ。Kotlin Koansjsで実装されたエディタなのにシンタックスハイライトだけでなく、入力補完がガンガン効くので凄く良い。僕の理解大体3日くらいかけて言語仕様やマニュアルの類を読みながらチュートリアルを

>>...

「Javaの鉱脈」でDagger2の記事を書きました

WEB+DB PRESSのVol.91で、DIコンテナの記事を書いたので是非読んでくださし。2016/2/24発売ですので、既に購入頂いてる方も多いと思います。電子書籍版もありますので物理的な媒体に興味がない方はPDFを買って下さい。https://gihyo.jp/dp/ebook/2016/978-4-7741-7974-2今回の記事における対象読者について今回の記事は軽量に動作するDIコンテナを探している皆様に読んで頂きたいと考え

>>...

「Javaの鉱脈」でPITの記事を書きました

WEB+DB PRESSのVol.90で、ミューテーションテストの記事を書いたので是非読んでくださし。2015/12/23発売ですので、既に購入頂いてる方も多いと思います。今回は、gitの記事とドラクエの記事がスゲェ面白いのでメガッサオススメです。電子書籍版もありますので物理的な媒体に興味がない方はPDFを買って下さい。https://gihyo.jp/dp/ebook/2015/978-4-7741-7855-4今回の記事における対象

>>...

CircleCIのDocker上でJavaを使ってビルドしようとして諦めた話

前回のエントリではCircleCI上でDockerを使ってビルドする方法については敢えて触れませんでした。今回は、CircleCI上で任意のバージョンのJVMを使ってビルドする為にDockerコンテナを使ってみます。試行錯誤した結果のcircle.ymlはこちらになります。参考にしたい方はどうぞ。machine: timezone: Asia/Tokyo environment: GRADLE_OPTS: -Xmx4G

>>...

Circle CIでJavaを使ってビルドする

ここ何日かCircle CIを使ってみて何となく分かってきた事をまとめておきます。完成したcircle.ymlだけ欲しい方はこちらをどうぞ。checkout: post: - chmod +x ./gradlew machine: timezone: Asia/Tokyo environment: GRADLE_OPTS: -Xmx4G -Dorg.gradle.daemon=true JAVA_H

>>...

Immutablesの処理構造メモ

ImmutablesはAnnotation Processorとして動作するコードの自動生成系テクノロジです。ImmutablesはヘビーにAnnotation Processorを使って実装されているので、コードの見通しが凄く悪いので理解の断片をメモ書きしておきます。これは主に未来の自分用メモです。ユーザ用アノテーションが定義されているプロジェクト処理は無い。普通に使うだけなら、ここだけ見てれば使える。buildercasesgson

>>...

「Javaの鉱脈」でServoの記事を書きました

WEB+DB PRESSのVol.89で、アプリケーションモニタリングの記事を書いたので是非読んでくださし。2015/10/24発売ですので、既に購入頂いてる方も多いと思います。電子書籍版もありますので物理的な媒体に興味がない方はPDFを買って下さい。https://gihyo.jp/dp/ebook/2015/978-4-7741-7713-7今回の記事における対象読者についてモニタリングの話をしてるんですけども、運用者向けでは無くて

>>...

次世代Webカンファレンスでモデレータしてきた #nextwebconf

まずは、会場に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。ご来場の皆様が何か少しでも得るものがあったのであればいいなぁ…と考えます。面白いイベントを企画して僕を呼んでくれたjxckには感謝しかありません。このエントリでは、話足りなくてモヤモヤした部分を勢いで書きなぐってる感じなので、無駄に長い割にオチが無いので暇な人だけが読んで下さい。観客として参加したセッションについて僕が見ていたセッションは、server_perfstandar

>>...

StashからBitbucket Serverへプラグインを移行する話

Stash is now called Bitbucket Server らしいです、はい。ブランドだけ変わって中身はそのまま何だろとか思ってたら、そんなことは無く大変な事になっております。ええ。尚、本番環境の移行できていません。Stash用に作りこんだプラグインをこっそり持っておりまして、それをBitbucket Serverで動くように修正することには成功したので、情報共有しておきます。但し、これは全ての変更差分を厳密に精査したわけ

>>...